マツダ3のエンジンオイル交換頻度は?オイルの必要量や粘度の情報も!

カスタム

【完全無料査定】下取りに出すのは損!得したかったら「クルマ買取オークション」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは35万円の下取りが、
買い取り業者では70万円になることも
多々あるのです。

クルマ買取オークションサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!

完全無料の査定はこちらから↓↓↓


ここでは、マツダ3のエンジンオイルについてや、エンジンオイル交換についての情報を紹介したいと思います!

定期的なエンジンオイル交換が愛車を長く保つ秘訣になるので、気をつけたいですね。

スポンサードリンク

マツダ3のエンジン不調・オイル交換は?

https://www.mazda.co.jp/carlife/service/mj-inspection/inspection/6months/

車のエンジンオイルはエンジンの摩耗を防ぐために、とても大切なものです。

特にディーゼルエンジン車は低速走行が連続して続くと、ガソリンエンジンよりも負荷がかかります。

海外のようにMTモデルがあれば、回転を上げる事ができるのですが、通常のオートマではそう対応できない場合もあります。

ディーゼルエンジンモデルの方がオイルのメンテナンスにもガソリンエンジンよりも気を使う必要があります。

とは言っても、オイル交換の頻度はガソリンエンジンと変わらなく、走行距離に少し気をつけてあげる程度です。

ここでは、オイルについてや、オイル交換について紹介します。

https://images.app.goo.gl/pyCWub2JHLVZJRsz7

エンジンオイルの役割

https://images.app.goo.gl/CGmopHhxMYRh3GRG9

エンジンオイルは、人間の血液のようにエンジン内部の隅々までゆきわたり、エンジンの動きを円滑にしています。

エンジンオイルには下記の重要な役割があります。

潤滑:シリンダー、ピストンリングなどの金属同士の摩擦を油膜でおさえます。

洗浄:エンジン内部に発生する鉄粉や燃えかすなどの汚れを包み込みます。

衝撃吸収:ピストンなどの衝撃をおさえて、振動や異音の発生をおさえます。

密封:ピストンとシリンダーの間の隙間をふさぎ、パワーロスを防ぎます。

冷却:燃焼や摩擦で高温になるエンジンの熱を冷却します。

防錆:水蒸気などによる錆を防ぎます。

画像:エンジンオイルの役割https://www.mazda.co.jp/carlife/service/parts/oil/knowledge/

ノンメンテナンスによるトラブル

https://images.app.goo.gl/L3wUFuWvvCXm5hjz9

画像:エンジンオイルhttps://www.mazda.co.jp/carlife/service/parts/oil/maintenance/

劣化したエンジンオイルをそのままにすると、エンジンの寿命を縮めます。

エンジンオイルは、使用しているうちに、摩耗したエンジンの金属粉、燃料が燃えた時に発生するススや水分、未燃焼燃料や砂ぼこりの混入、添加剤の消耗などにより次第に性能が低下していきます。

また、クルマを使用していなくても時間の経過とともにオイルが酸化していきます。

その結果、エンジンの摩耗が進行して、エンジン内部に傷がつくなどすると、異音を発生させます。

そのため、定期的にメンテナンスをしないと、エンジンが焼き付き、動かなくなる場合もあります。

このようにオイル交換はガソリンの次に大切と言ってもいいくらいです。

オイル交換さえしっかりとしていれば、マツダ3のエンジントラブルはほぼないと言って良いでしょう。

オーナーには、ディーラーなどから、点検・オイル交換のためのハガキが送られて、時期を知る事ができます。

ディーラーの指示どおりに、定期的にオイル交換をすることがオススメです。

オイル交換とタイヤの管理をしっかりとしておけば、安心して運転することができます。

https://images.app.goo.gl/TVoh2FGJ3Y9nEJwt9

スポンサードリンク

マツダ3のオイル量・オイル粘度について

https://images.app.goo.gl/2jUBsyKM4WwuQBnr5

エンジンオイル分類の見方

粘度記号

エンジンオイルの見分け方としては、どのような環境(季節や温度)で使えるかを表す粘度記号があります。

画像:粘度記号

低温時の粘度
※数字が大きいほど粘度が高い
0W 5W 10W
高温時の粘度
※数字が大きいほど粘度が高い
20 30 40

上の写真はマツダ純正のスカイアクディブG用の0W-20オイルです。

ターボ車には、5W-30をマツダはオススメしています。

https://images.app.goo.gl/6akv1JwbdMxiC3bi8

 

マツダ純正オイルの紹介 ゴールデンECO GF-5
(SN_0W-20)ガソリンエンジン用

https://minkara.carview.co.jp/userid/3193864/car/2850483/10172623/parts.aspx

最新の省燃費規格ILSAC GF-5とAPI規格SN(2010年設定)に合格した最高グレードのマツダ純正エンジンオイルです。

GF-4よりさらに省燃費性を追求した新世代環境対応型エンジンオイルになっています。

SKYACTIV-Gエンジン新車充填オイルとして採用されており、マツダ3のエンジン性能を効率的に引き出します。

特に燃費の気になる方におすすめのオイルです。

 

マツダ純正オイルの紹介 ディーゼルエクストラ SKYACTIV-D(0W-20、0W-30)ディーゼルエンジン用

https://www.mazda.co.jp/carlife/service/parts/oil/lineup/

これは、SKYACTIV-D専用に開発したマツダオリジナルエンジンオイルです。

マツダ3のディーゼルモデルにも適しており、燃費向上に寄与するSKYACTIV-D専用オイルです。

https://images.app.goo.gl/jrhos3TYGAYiX1Q6A

スポンサードリンク

マツダ3のオイルについてのまとめ

https://images.app.goo.gl/mVwDgXaC7zs9BqR79

マツダ3のガソリンモデルとディーゼルモデルのオイル交換の頻度

マツダ3のオイル交換は一年に一回で、新車の場合は法定12ヶ月点検を行う際にオイル交換を一緒にするのが一般的です。

ディーゼルエンジンモデルの場合は、ガソリンエンジンモデルよりも少ない走行距離でオイル交換をしてあげる必要があります。

一般的な乗り方をすれば一年に10,000kmくらいの走行距離になりますが、もっと走行距離が伸びた場合は走行距離5,000kmくらいでオイルを交換してあげるとエンジンを調子良く保つ事ができます。

下記以外の乗用車 6ヵ月(7,500km)シビア 12ヵ月(15,000km)ノーマル
乗用車 ディーゼルエンジン 6ヵ月(5,000km)シビア 12ヵ月(10,000km)ノーマル

https://images.app.goo.gl/dC8r2oWpduRPoMbJA

定期点検スケジュール

定期点検スケジュール(自家用乗用車の場合)https://www.mazda.co.jp/carlife/service/mj-inspection/

マツダ3を新車で購入した場合、まず新車一ヶ月点検を行い、新車6ヶ月点検、そして法定12ヶ月点検の順にメンテナンスをしていきます。

その後は法定12ヶ月点検を行い、次の年に車検を受ける事になります。

そうして考えると通常の走行距離の場合、マツダ3では三回のオイル交換をすることになります。

価格も一回5,000円以下なので、費用自体はそれほどかかりません。

それよりも、オイル交換をしたことによるメリットの方がずっと大きいと思います。

ですので、定期的なオイル交換をすることをオススメします!

https://images.app.goo.gl/4L7jVQeiMKnBD1QP6

マツダ3の関連記事

マツダ3のオプションや後付けパーツ、ナビのおすすめはこれだ!⇒⇒

マツダ3のアクセサリーおすすめは?電源やソケットの情報もご紹介⇒⇒

マツダ3の改造はどうする?カスタムパーツやエアロパーツについて⇒⇒

マツダ3の後部座席や荷室の情報。車中泊はできる?⇒⇒

マツダ3の純正タイヤサイズは?サイズアップ、タイヤ交換の方法

マツダ3の下取り価格やリセールを有利に進める方法はこれだ!⇒⇒

MAZDA3を値引き金額から
さらに50万円も安く
購入できる究極にお得な裏ワザを教えます!

車を購入するときにこんな悩みはありませんか?

「予算が足りない・・・」
「少しでも安く買いたいけど値引き交渉の方法が分からない」
「ディーラーを何件も回るのは面倒くさい・・・」
「新車を少しでもお得に手に入れたい・・・」
「グレードを下げるしかないか・・・」
「営業担当者に何度も売り込まれるのはイヤ・・・」
「オプションをつけたいがあきらめるしかない・・・」

車の購入は楽しみも大きいですが、
同時に予算の悩みも尽きないですよね。

家族や友達に相談しても結局お金を
出すのは自分ですからね。

そんな方に超おススメの裏ワザを
ご紹介します!

それは、下取りは必ず「クルマ買取オークションサイト」
を使うことなのです。

下取りに出すなら「クルマ買取オークションサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは35万円の下取りが、
買い取り業者では70万円になることも
多々あるのです。

クルマ買取オークションサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!

完全無料査定はこちらから↓↓↓


スポンサードリンク
 




タイトルとURLをコピーしました