マツダ3か旧アクセラどっちを狙う?新型or旧型,年式別の情報

中古

【完全無料査定】下取りに出すのは損!得したかったら「クルマ買取オークション」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは35万円の下取りが、
買い取り業者では70万円になることも
多々あるのです。

クルマ買取オークションサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!

完全無料の査定はこちらから↓↓↓


マツダ3と旧アクセラの違いを紹介したいと思います。新型と旧型の年式などの情報も紹介します!

スポンサードリンク

マツダ3と旧アクセラでどこが変わった?

https://autoc-one.jp/mazda/mazda_3_sedan/newmodel-5004575/photo/0007.html

マツダ3と旧型アクセラの違い

マツダ3(2019年〜BP系)

エンジン:1.5Lガソリンエンジン、2.0Lガソリンエンジン、1.8Lディーゼルターボ、2.0LスカイアクディブX(ガソリンエンジン)の4種類。

  • マツダ3は、魂動”デザインを深化させた、マツダの次世代商品群の第1弾
  • 走行性能・乗り心地を向上させた新世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)」を初めて全面採用
  • 火花点火制御圧縮着火 (SPCCI) を実用化したガソリンエンジンである「SKYACTIV-X2.0」もラインナップ

https://images.app.goo.gl/1vAbWvLoVqjjkU7q6

3代目アクセラ(2013〜2019年 BM/BY系)

エンジン:1.5Lガソリンエンジン、2.0Lガソリンエンジン、1.5Lディーゼルターボ、2.2Lディーゼルターボ、2.0Lハイブリッド(ガソリンエンジン+モーター)。5種類。

  • デザインテーマ「魂動 -Soul of Motion」を採用。Cセグメントサイズながらダイナミックで生命感ある動が表現されています。
  • カーコネクティビティシステム「MAZDA CONNECT(マツダコネクト)」を初めて導入しました。
  • SKYACTIV TECHNOLOGYを、従来のエンジン・トランスミッションに加えてボディ(SKYACTIV-BODY)とシャシー(SKYACTIV-CHASSIS)にも拡大して全面採用しています。

https://images.app.goo.gl/wFW1bWdNiizZxJXE6

マツダ3の1.5エンジンは先代アクセラのエンジンで2.0Lと1.8ディーゼルエンジンはCX-3のエンジンを採用しています。

旧型アクセラはではなくなった、2.2ディーゼルターボエンジンとハイブリッドモデルがあるのが特徴です。

では、ハイブリッドの変わりにマイルドハイブリッドのスカイアクディブXが投入されています。

マツダ3の一番の特徴は新しい魂動”デザインと、新世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)です。

そのため、走行性能と乗り心地を大幅に向上させています。

エンジン自体はさほど大きな違いはないと考えていいと思いますが、旧アクセラには2.2ディーゼルがあるのが有利です。

また、旧モデルにはMTが多く採用されているのも特徴です。

https://autoc-one.jp/mazda/mazda_3_sedan/newmodel-5004575/photo/0068.html

スポンサードリンク

旧型(アクセラ)について

https://images.app.goo.gl/bHyvt1iiiTMHcAxX9

先代アクセラのエンジン形式とスペックは以下の通りです。

https://images.app.goo.gl/6KXuNwH6KkeSjeqCA

P5-VPS型:1.5Lガソリンエンジン
82kW (111馬力)/6,000rpm

S5-DPTS型:1.5ディーゼルターボエンジン
77kW (105馬力)/4,000rpm

PE-VPR型:2.0Lガソリンエンジン
114kW (155馬力)/6,000rpm

SH-VPTR型:2.2ディーゼルターボエンジン
129kW (175馬力)/4,500rpm

アクセラハイブリッド
エンジン(PE-VPH型):
73kW (99馬力)/5,200rpm
モーター(MG型):
60kW (82馬力)
システム最高出力:
100kW (136馬力)

https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/driving/

先代のアクセラはスカイアクティブテクノロジーがボディとシャシーにも採用されて、今までとは違う乗り心地と走行性能を実現しています。

マツダ3が更に先に進んでしまったので、見劣りすると考えがちですが、今乗ってもたいへん素晴らしい乗り心地と走りを実現しています。

実際に中古車販売店で試乗してみることをオススメします。

中古車販売店にも、2013年〜2019年モデルの先代アクセラがあり、低走行モデルは価格も新車に比べて安く、オススメです。

特に、現行型ではなくなってしまった、アテンザ(マツダ6)やCX-5にも搭載されている2.2LディーゼルターボでMTも選べる点は評価しています。

自動車ジャーナリストも雑誌の紙面で、この2.2ディーゼルモデルのアクセラをオススメしていました。

このクラスのクルマでこのエンジンで燃費も良いのですから、良い事尽くめのクルマだと思います。

数も少なくなってきているので、狙っている人は早めに決断した方がいいと思います。

あと、先代アクセラにはマツダ2にも採用されている、1.5Lディーゼルモデルがあるのが特徴です。

1.5Lエンジンでは、旧アクセラでもマツダ3でも多少走行性能に不満があるのですが、1.5Lディーゼルモデルならアクセラを問題なく走らせてくれます。

先代アクセラは2.0Lガソリンモデルもオススメですが、ディーゼルモデルが特にオススメです。

https://www.webcg.net/articles/-/35030

スポンサードリンク

マツダ3と旧アクセラの年式で装備を比較してみた

マツダ3

マツダ3の内装は先代アクセラから一気にクオリティが上がり、上のクラスのマツダ6同様、マツダで最高品質の内装を目指して開発されました。https://www.webcg.net/articles/gallery/41116#image-12

  • 最新の安全装備「サポカーSワイド」標準装備(スマートブレーキ、レーンキープアシスト等)。
  • スカイアクティブ・ディーゼルターボエンジンを1.8Lに一本化しました。
  • G-ベクタリング コントロール(GVC)と新しい車両プラットフォーム+人間工学に基づいた新しいシートにより、より高いレベルの走行性能を実現しています。
  • さらに進化したコックピット
  • https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/driving/cockpit/

旧アクセラ(2016マイナーチェンジモデル)

新しくマツダコネクトが装備された先代アクセラのコックピット。今見ても十分なクオリティを備えているのが分かります。https://www.webcg.net/articles/gallery/35030#image-3

  • 旧アクセラのマイナーチェンジモデルから、CX-3の1.5ディーゼルターボエンジンを追加しました。
  • 装備はマツダ3でも採用されているマツダコネクトを装備しています。
  • 改良で「ナチュラル・サウンド・スムーザー」が装備されるようになっていて、簡単に言えばディーゼル特有のガラガラ音を抑制する装置です。
  • 走行性能を安定させる、G-ベクタリング コントロール(GVC)を装備しています。

https://www.webcg.net/articles/gallery/35030#image-17

マツダ3の関連記事

マツダ3の下取り価格やリセールを有利に進める方法はこれだ!⇒⇒

マツダ3の中古車、中古相場、新古車の情報は?⇒⇒

マツダ3の年間維持費は?ローンの種類や残価設定で購入はお
得?⇒⇒

マツダ3のエコカー減税・自動車税や費用はどれくらいか?⇒⇒

マツダ3の試乗評価や試乗レポートをご紹介!セダン、ファストバックで違う?⇒⇒

MAZDA3を値引き金額から
さらに50万円も安く
購入できる究極にお得な裏ワザを教えます!

車を購入するときにこんな悩みはありませんか?

「予算が足りない・・・」
「少しでも安く買いたいけど値引き交渉の方法が分からない」
「ディーラーを何件も回るのは面倒くさい・・・」
「新車を少しでもお得に手に入れたい・・・」
「グレードを下げるしかないか・・・」
「営業担当者に何度も売り込まれるのはイヤ・・・」
「オプションをつけたいがあきらめるしかない・・・」

車の購入は楽しみも大きいですが、
同時に予算の悩みも尽きないですよね。

家族や友達に相談しても結局お金を
出すのは自分ですからね。

そんな方に超おススメの裏ワザを
ご紹介します!

それは、下取りは必ず「クルマ買取オークションサイト」
を使うことなのです。

下取りに出すなら「クルマ買取オークションサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは35万円の下取りが、
買い取り業者では70万円になることも
多々あるのです。

クルマ買取オークションサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!

完全無料査定はこちらから↓↓↓


スポンサードリンク
 




タイトルとURLをコピーしました