マツダ3は減税適用される?環境性能割や自動車税について詳しく解説

新型

【完全無料査定】下取りに出すのは損!得したかったら「クルマ買取オークション」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは35万円の下取りが、
買い取り業者では70万円になることも
多々あるのです。

クルマ買取オークションサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!

完全無料の査定はこちらから↓↓↓


クルマを保有するにあたり、気になるのは購入費、維持費・・など出費はどうしても発生してしまいます。

現代ではCO2排出量の規制もあり、各メーカー燃費向上対策に乗り出しているのと同時に、国から優遇されるのが自動車の購入・維持にかかる費用の減税措置です。

ではマツダ3は減税適用になるのでしょうか?環境性能割や自動車税のほかに費用はいくらくらいなのか、気になるところをまとめてみました。

スポンサードリンク

クルマにかかる税金の種類は?

そもそも、クルマにかかる税金の種類を整理したいと思いますが、税金の種類として

・消費税(クルマ購入費用、メンテナンスにかかる費用)

・自動車取得税(クルマを取得したとき)

・自動車税/軽自動車税(自動車を取得したとき、及び保有している年度ごと)

・自動車重量税(クルマを取得したとき、及び車検時)

の4種類に大別されますが、我々消費者にとっては非常に負担になりますよね。。

2019年10月からは消費税が10%に引き上げられることでまた消費者の負担が大きくなることと、自動車取得税は2019年9月末で廃止され、「環境性能割」が適用されます。

引用:https://toyota.jp/ecocar/about1/

環境性能割は、元々消費税アップに伴い、クルマ購入時の消費税と合わせて二重課税となっていたことから、税制が見直されましたが、環境性能「割」と謳っているのに、クルマの燃費によっては課税となるところに騙された感があります。。

では、マツダ3ではどうなるのか、などを次項以降でレポートしたいと思います。

引用:https://carview.yahoo.co.jp/article/photo/20190517-20105209-carview/

スポンサードリンク

マツダ3のエコカー減税について

これからマツダ3を購入される方は2019年10月以降の納車になると思われますので、これ以降にかかる税金を整理したいと思います。

引用:https://toyokeizai.net/articles/-/302795

まず、エコカー減税ですが、元々自動車取得税自動車重量税で減税措置を受けられていましたが、環境性能割の導入により、自動車取得税の減税が撤廃されます。

撤廃された自動車取得税の減税の代わりに、環境性能割の適用車種に基づいた税率を掛けることで、ある意味自動車取得税と同等の税金を納付する、ということとなります。

環境性能割は消費税アップに伴い、政府による消費の冷え込みを抑える狙いから、2020年9月30日まで臨時軽減有りの為、下図が自動車取得時にかかる税金となります。

ではマツダ3のエコカー減税、環境性能割はどうなるのかというと、大別するとSKYACTIV-Gのガソリンエンジン車は税金がかかります

しかし、ディーゼルエンジンは車両重量に対しての燃費基準を満足しているため、エコカー減税により重量税は免税、環境性能割の課税額も非課税となり、初期投資が抑えられます。

引用:https://kakakumag.com/car/?id=14081

これからデビューが予定されているSKYACTIV-Xエンジンのグレードについては、まだスペックが非公開の為、はっきりしたことは言えませんが、燃費は欧州複合モード燃費が23.3km/Lと公表されているので、日本でのスペックはWLTCモードで21~22km/Lほどではないかと想定されます。

以上から、SKYACTIV-Xエンジンはディーゼル同様、免税/非課税となると想定されます。

引用:https://www2.mazda.com/ja/next-generation/technology/

スポンサードリンク

マツダ3の自動車税はどれくらいかかるのか?

自動車税はかつて3ナンバー、5ナンバーで税率が分かれていましたが、現在ではエンジンの排気量によってかかる税金が異なります。

マツダ3にはエンジンが3種類(SKYACTIV-Xは除く)存在しますので、ガソリンエンジンの1.5Lと2.0L、ディーゼルエンジンの1.8Lとなります。

用途区分 総排気量 税額 ※1
自家用乗用車 1リットル以下 25,000円
1リットル超~1.5リットル以下 30,500円
1.5リットル超~2.0リットル以下 36,000円
2.0リットル超~2.5リットル以下 43,500円
2.5リットル超~3.0リットル以下 50,000円
3.0リットル超~3.5リットル以下 57,000円
3.5リットル超~4.0リットル以下 65,500円
4.0リットル超~4.5リットル以下 75,500円
4.5リットル超~6.0リットル以下 87,000円
6.0リットル超 110,000円

※1 2019年10月1日からの税額

上表のように当てはめると、ガソリンエンジン1.5Lは30,500円、ガソリンエンジン2.0Lとディーゼルエンジン1.8Lは36,000円となります。

ここで、減税措置として、グリーン化特例がありますが、グリーン化特例は2020年度燃費達成を+10%以上達成していないと恩恵を受けられないので、現行ラインナップでは未達成となり、減税措置はありません。

但し、今後登場するSKYACTIV-Xは上記で述べたように21~22km/Lと想定されるので、グリーン化特約の2020年度燃費達成+10%になると考えられるので、50%の減税が受けられると想定されます。

マツダ3の費用(維持費)は年間どれくらい?

上記の費用にプラスして、下表のように燃費はグレードにより異なります。

ボディタイプ 搭載エンジン 駆動方式 トランス
ミッション
WLTCモード
燃費(km/L)
年間1万km走行時の
ガソリン代(円)
セダン SKYACTIV-G 2.0L 2WD 6AT 15.8 88,608
SKYACTIV-D 1.8L 2WD 6AT 20.0 70,000
4WD 6AT 19.0 73,684
SKYACTIV-X 2.0L 2WD/4WD 6AT (21.5) (65,116)
ファストバック SKYACTIV-G 1.5L 2WD 6AT 16.6 84,337
6MT 17.8 78,652
4WD 6AT 15.8 88,608
SKYACTIV-G 2.0L 2WD 6AT 15.6 89,744
SKYACTIV-D 1.8L 2WD 6AT 19.8 70,707
4WD 6AT 18.8 74,468
SKYACTIV-X 2.0L 2WD/4WD 6AT/6MT (21.5) (65,116)

※SKYACTIV-Xの燃費は非公表の為、推定値。

※ガソリン価格は140円で算出。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/

ここに車両価格と、先ほどの税金関係を上乗せしていくと、下表のようになりました。

ボディタイプ 搭載エンジン 駆動方式 トランス
ミッション
車両価格 環境性能割 重量税 自動車税 ガソリン代
(1万km/年)
合計(円)
セダン SKYACTIV-G 2.0L 2WD 6AT 2,636,741 43,100 36,900 36,000 88,608 2,841,349
SKYACTIV-D 1.8L 2WD 6AT 2,911,741 0 0 36,000 70,000 3,017,741
4WD 6AT 3,148,241 0 0 36,000 73,684 3,257,925
SKYACTIV-X 2.0L 2WD/4WD 6AT 3,319,148 0 0 18,000 65,116 3,402,264
ファストバック SKYACTIV-G 1.5L 2WD 6AT 2,315,989 37,800 36,900 30,500 84,337 2,505,526
6MT 2,315,989 37,800 36,900 30,500 78652 2,499,841
4WD 6AT 2,552,489 37,800 36,900 30,500 88,608 2,746,297
SKYACTIV-G 2.0L 2WD 6AT 2,636,741 44,100 36,900 36,000 89,744 2,843,485
SKYACTIV-D 1.8L 2WD 6AT 2,911,741 0 0 36,000 70,707 3,018,448
4WD 6AT 3,148,241 0 0 36,000 74,468 3,258,709
SKYACTIV-X 2.0L 2WD/4WD 6AT/6MT 3,319,148 0 0 18,000 65,116 3,402,264

※車両価格はTouring Selectionにて算出。

※自動車税は2020年4月に購入した前提で算出。

※SKYACTIV-Xの燃費は非公表の為、推定値、車両価格は2WDで算出。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/

以上の結果より、車両価格に反映されている通り、1.5Lガソリンエンジンが最廉価グレードとなり、2.0LSKYACTIV-Xが最高値となりました。

1年目の差額で90万強の差額が発生しているため、さすがにSKYACTIV-Xで元を取る、というのは難しそうです。。

しかしながら、SKYACTIV-Xのトルクの太さと出力の良さは1.5LのSKYACTIV-Gと比較し、全く異なる性格を持つことと、そもそもの装備の違いもありますので、最適かつ快適なグレードを選択されることがベストセレクトでは無いかと思います。

マツダ3の関連記事

マツダ3の年間維持費は?ローンの種類や残価設定で購入はお得?⇒⇒

マツダ3の外寸や外装パーツ、機械式駐車場は利用できる?⇒⇒

マツダ3の試乗評価や試乗レポートをご紹介!セダン、ファストバックで違う?⇒⇒

マツダ3のイメ-ジカラーは何色?基本色・色見本をご紹介!⇒⇒

マツダ3の値引き相場は?値引きの限度額はどれくらい?⇒⇒

MAZDA3を値引き金額から
さらに50万円も安く
購入できる究極にお得な裏ワザを教えます!

車を購入するときにこんな悩みはありませんか?

「予算が足りない・・・」
「少しでも安く買いたいけど値引き交渉の方法が分からない」
「ディーラーを何件も回るのは面倒くさい・・・」
「新車を少しでもお得に手に入れたい・・・」
「グレードを下げるしかないか・・・」
「営業担当者に何度も売り込まれるのはイヤ・・・」
「オプションをつけたいがあきらめるしかない・・・」

車の購入は楽しみも大きいですが、
同時に予算の悩みも尽きないですよね。

家族や友達に相談しても結局お金を
出すのは自分ですからね。

そんな方に超おススメの裏ワザを
ご紹介します!

それは、下取りは必ず「クルマ買取オークションサイト」
を使うことなのです。

下取りに出すなら「クルマ買取オークションサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは35万円の下取りが、
買い取り業者では70万円になることも
多々あるのです。

クルマ買取オークションサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!

完全無料査定はこちらから↓↓↓


スポンサードリンク
 




タイトルとURLをコピーしました