マツダ3の試乗評価や試乗レポートをご紹介!セダン、ファストバックで違う?

新型

【完全無料査定】下取りに出すのは損!得したかったら「クルマ買取オークション」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは35万円の下取りが、
買い取り業者では70万円になることも
多々あるのです。

クルマ買取オークションサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!

完全無料の査定はこちらから↓↓↓


MAZDA3の試乗評価や試乗レポートを紹介します!

セダンとファストバックの違いは?

スポンサードリンク

マツダ3の試乗レポート、試乗記

https://toyokeizai.net/articles/-/285724

 

20S PROACTIVE ハッチバック

まず、外観デザインを見て驚きます。今までのアクセラとは一線を画したそのデザインはゴルフのような彫刻的な造形でもなく、フォーカスのように一般的な見た目でもない。リアの太いCピラーも見た事のないものだし、フロントとリアのデザインも必要最低限のサイズに納めて、クールさを演出している。LEDライトの性能も上がったので、ここまで小さなライトでも足りてしまうのだろう。

内装の作りも、ゴルフと同じくらいかそれを超えていた。レザーのカラーを選べばより、上質な印象になる。タッチパネルをあまり好まないMAZDAは独自路線を貫き、主な操作は直感的に使うことができるロータリー式コントローラーとボイスコントロールを使って操作する。

走り出しても、印象は分からなかった。フロントとリアのサスペンションはマクファーソンストラットとトーションビームが採用されており、ラック&ピニオン式ステアリングは自然な手応えを示し、走り始めですでに良いクルマだと感じた。

走り出して、ロードノイズとスムースな乗りが強く印象に残った。このクルマの車両安定性とステアリングのレスポンス、ハンドリングを犠牲にせず実現したそのしなやかな乗り心地は素晴らしいと思った。

マツダのエンジニアは衝撃吸収に優れたサイドウォールの軟らかいタイヤを選択し、ドライバーの入力に正確な反応を返すべくサスペンションブッシュのチューニングを行っていらしい。

それがこのしなやかな乗り心地をもたらしているのだろう。ドイツ車ではサイドウォールの堅いランフラットタイヤを使用する事が多いが、柔らかなタイヤを選んだことで、角の取れた乗り心地やコーナリングやブレーキング時の優れた路面コンタクトをも実現していて、走っていて楽しい。

MAZDA3はその見事な見た目から、大径タイヤを装着したいと感じるはずだが、このすぐれた乗り心地を維持するためには、16インチや17インチで十分だと思った。元々、ファミリーハッチバックだし、ゴルフGTIやフォーカスSTのようなスポーティーグレードではないからだ。

クラッチとアクセル、さらにギアシフトの動きも見事で、ステアリングのフィールも素晴らしかった。

 

ハッチバックとセダンの走りの差はほとんどないと言っていいだろう。6ATのギア比も全く同じで、ボディサイズも同じだからです。あるとしたら、室内の使い勝手の差ということになるでしょう。

 

https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/design/fastback/

 

 

スポンサードリンク

マツダ3の試乗評価はどうなのか

https://www.autocar.jp/photo/firstdrives/371736/#photo2

 

結果的に魅力的な内外装、スポーティで滑らかな走りと新世代MAZDAにふさわしいクルマだった。これならディーラーマンも自信をもって、セールスできると感じた。

 

以下の英オートカーでの試乗のレポートも評価は高かった。

走りを楽しめるファミリーハッチ

https://kakakumag.com/car/?id=14081

フォード・フォーカス、フォルクスワーゲン・ゴルフのファンは、他のモデルを見る良い機会になった。先代マツダ3はファミリーハッチ市場の中でもよりシャープでダイナミックな方向性を持っていて、走りの楽しさの点でフォーカスに張り合うことのできるモデルだ。

クイックなステアリング、バランスのとれたシャシー、正確なハンドリング、見事なマニュアル・ギアボックス、活発なガソリンエンジンなどの組み合わせが、印象的だった。

このモデルは英国に上陸したばかりだが、すでにその評判は上々だ。ルックスについていえば、3はこのクラスで最も格好良い部類に入るのではないか。

洗練されたキャビンのデザインや内装に使われた素材は非常に上級志向であり、この価格帯から想像する以上の高級感があった。レザーのシート表皮やクローム製パーツなどの質感はフォード・フォーカスを大きく上回っており、ゴルフとも肩を並べている。後席のスペースがやや狭いことを除けば、マツダは非常に良い仕事をしていることになる。

https://kakakumag.com/car/?id=14081

 

https://www.autocar.jp/photo/firstdrives/371736/#photo2

 

そしてキャビンも先代から大きく向上している。クラストップレベルの質感を獲得している。エントリーグレードのSE-Lで2万595ポンド(289万円)からという価格もリーズナブル。

このように英国でもかなり絶賛されています。ただ、エンジンが2リッター自然吸気でライバルのようにターボが装着されていないので、適切なギアを選んであげないといけないということ。日本仕様なら、6ATなのでその心配もなく、心置きなくドライビングを楽しめるだろう。このような海外の評価を知る事も大切で、我々はそれを知って自信を持ってMAZDA3をドライブすることができる。

走りで定評のあるフォーカスと同等レベルの走りを実現しているというのは、日本の評価だけでは知り得なかったことで、これはMAZDAを賞賛してもいいレベルです。フォードのフィエスタ、フォーカスと言えば、ハンドリングでは世界一とも言われるほどのハッチバックだからです。特に、スポーツグレードのフィエスタSTやフォーカスST,RSは高級スポーツカーと同等の楽しさがあると評価されています。当然、そのベースとなったフィエスタ、フォーカスも走りがいいのは当然のことなのです。

内装についても、フォーカスやゴルフを超えるほどの質感とデザインを備えていて、ベタ褒めしています。これはオーナーとしては嬉しいですよね。

結果的にMAZDA3は走りも内装もトップレベルにあると思います。

 

https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/interior/

スポンサードリンク

マツダ3を試乗するときのポイント

https://kakakumag.com/car/?id=14081

 

試乗に関しては、内外装をよく観察して、ディーラーマンの説明をよく聞くといいと思います。

一番大切なのは、走り出しです。けっして強くアクセルを踏んではいけません。ゆっくりと正確にステアリングとアクセルとブレーキを操作します。

最初の段差を乗り越えたときの感触も頭に入れておきます。ボディやサスペンションがしっかりとしていれば、やわらかく段差を乗り越えてくれるはずです。

走り出しですが、これも目一杯アクセルを踏んで速度を出す必要はありません。スムーズに加速して、スムーズにステアリングを切って曲がる。これで十分だと思います。

そこで、MAZDAがいう運転のしやすさ、楽しさを体感すれば試乗としては成功だと思います。

内装などについては、ディーラーや停車時に確認すると良いでしょう。分からない事があれば、その都度ディーラーマンに質問しましょう。

MAZDAコネクトなどは試乗だけでは使いこなせないでしょうから、ナビ画面の様子や指示に従ってドライブすることで感覚を掴めると思います。

試乗では何と言っても、内装の確認と運転した感じが大切です。

気持ちよく走って、いい気分で試乗を終えたいものですね。

https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/design/fastback/

 

https://www.autocar.jp/firstdrives/2019/05/23/371736/

マツダ3の関連記事

マツダ3のイメ-ジカラーは何色?基本色・色見本をご紹介!⇒⇒

マツダ3(アクセラ)の不具合やリコール情報はあるのか?よくあるトラブルのお問い合わせは?⇒⇒

マツダ3の口コミや評価、評判をご紹介!⇒⇒

マツダ3の納期や納車状況は?納期の最新情報を得る方法は?⇒⇒

マツダ3の燃費・実燃費はどれくらい?ガソリンとディーゼル違いはどれくらい?⇒⇒

MAZDA3を値引き金額から
さらに50万円も安く
購入できる究極にお得な裏ワザを教えます!

車を購入するときにこんな悩みはありませんか?

「予算が足りない・・・」
「少しでも安く買いたいけど値引き交渉の方法が分からない」
「ディーラーを何件も回るのは面倒くさい・・・」
「新車を少しでもお得に手に入れたい・・・」
「グレードを下げるしかないか・・・」
「営業担当者に何度も売り込まれるのはイヤ・・・」
「オプションをつけたいがあきらめるしかない・・・」

車の購入は楽しみも大きいですが、
同時に予算の悩みも尽きないですよね。

家族や友達に相談しても結局お金を
出すのは自分ですからね。

そんな方に超おススメの裏ワザを
ご紹介します!

それは、下取りは必ず「クルマ買取オークションサイト」
を使うことなのです。

下取りに出すなら「クルマ買取オークションサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは35万円の下取りが、
買い取り業者では70万円になることも
多々あるのです。

クルマ買取オークションサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!

完全無料査定はこちらから↓↓↓


スポンサードリンク
 




タイトルとURLをコピーしました