マツダ3の安全性は?運転しやすい、運転しにくい?自動ブレーキの性能

新型

【完全無料査定】下取りに出すのは損!得したかったら「クルマ買取オークション」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは35万円の下取りが、
買い取り業者では70万円になることも
多々あるのです。

クルマ買取オークションサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!

完全無料の査定はこちらから↓↓↓


今や現代においてクルマの安全性能は必須装備と言って過言ではありません。

車両自体の安全性能(自動ブレーキなど)はもちろんのこと、ドライバーが疲れないか、という点も事故を未然に防ぐ上で非常に重要なポイントとなります。

ではマツダ3の疲れにくさ、安全性はどうなのか?レポートしたいと思います。

スポンサードリンク

マツダ3は運転しやすい?運転しにくい?

マツダでは元々、「人馬一体」というテーマに基づきクルマの開発を行っています。

これは、運転の楽しさはもちろんのこと、意のままに操れるという部分にあり、実際運転中は人間の身体は、自分が意識しないうちに様々な反応をしているようです。

運転中に「なんだか疲れたな・・」という感覚は、意識的に体や注意を動かしている状態であり、より自然な状態だと疲れは軽減されます。

その動きをマツダは研究し、人間の無意識の感覚の通りにクルマが動くこと、というこを目指したクルマ作りをしています。

引用:https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwidjsiq3dbkAhWQF6YKHYXfCjIQjhx6BAgBEAI&url=https%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3Drik3U0weXSc&psig=AOvVaw0Dg32l0h9s3zxkXIwtfcmN&ust=1568770888494203

上記の代表例でいうと、マツダが採用するドライビングポジションの工夫が挙げられます。

まさに安全性でいうと冒頭で述べた通り、「疲れにくいこと」が事故の未然防止に繋がると言えますので、このドライビングポジションというのは疲れを誘発させない自然な状態を作りこむ上で、非常に重要となります。

要素として今までのマツダの既存技術として知られているのは、

アイラインゾーン:ドライバーの体形に左右されない一定の目線が確保でき、速度の変化に追従できる両方の目線を確保

引用:https://www.mazda.co.jp/beadriver/cockpit/drivingposition/01/

操作ユニットの配置:アクセルペダルなどがドライバーが自然に座った姿勢の位置にあり、リラックスしたドライビングポジションが確立できる

引用:https://www.mazda.co.jp/beadriver/cockpit/drivingposition/01/

オルガン式アクセルペダル:かかとをしっかり床につけることができ、足首の疲労軽減、及び脱力した状態でドライブができる

引用:https://www.mazda.co.jp/beadriver/cockpit/drivingposition/02/

などの配慮に加え、新世代設計となるマツダ3には、「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」に基づく車両構造としています。

ドライビングポジションでいうと、シート構造がドライバーの姿勢が自然となるよう、S字カーブを描くようになっており、負担が軽減されます。

また、シャシーを新規設計とすることで、路面の凹凸を自然に伝わるような剛性とし、ドライバーが運転感覚をつかみやすい設計となっています。

よって、安全性を確保した上で、運転している楽しさ、感覚をつかみやすくすることで、運転しやすいクルマとなっています。

スポンサードリンク

マツダ3の安全性や自動ブレーキの性能について

マツダは上記のように人馬一体を基礎とした疲れにくいクルマづくりを進めていますが、とはいうもののドライバーの不注意、歩行者などの不注意などで思わぬ事故に繋がることもあります。

ではマツダ3の安全性はどうなのか?というと最新のクルマということもあり、安全装備は充実しています。

衝突被害軽減ブレーキ:前方車、歩行者はもちろんのこと、自転車の検知も可能

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/safety/i-activsense2/

ペダル踏み間違い:徐行時、及び停車時における急加速を検知し、ブレーキ制御(AT車のみ)

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/safety/i-activsense2/

車線逸脱警報:60km/hの以上の走行中に車線からはみ出すと、警告音とステアリングの振動でドライバーに警告、及びステアリングを電動パワーステアリングを制御し、ドライバーの操作をアシスト

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/safety/i-activsense2/

といった、今や付いていて当たり前の装備が標準装備で備わります。

また、他メーカーではオプションとなる傾向が多いブラインドスポットモニター駐車時の後方障害物検知(超音波センサ)なども全グレードで標準装備となります。

更にマツダ3には、アダプティブLEDヘッドライト(ALH)がグレードで設定されます(ファストバックの1.5L以外に標準装備)。

ALHはハイビーム走行時のLEDを部分的に消灯・点灯することで、前方車・対向車に眩しくならないように配慮ができ、かつ歩行者や標識を見逃さず、発見することができます。

LEDを多く使うので、この価格帯のクルマでの採用はなかなか珍しいと思うところがあり、ドライバーの安全性・快適性にはとてもありがたい装備になります。

更に更に、スバル/フォレスターで採用されたドライバーモニタリングシステムもオプションながらマツダ3では全グレードで選択することができます。

このマツダ3のドライバーモニターは、5km/h以上での走行中に顔の特徴をカメラが検出することで、ドライバーの異変を検知し、ディスプレイへの表示と音で警告することで、ドライバーに休憩を促してくれます。

フォレスターのドライバーモニターは上記に加え、ドライバー乗車時にユーザーを認識することで、シート・ドアミラー・空調を自動設定してくれるおもてなしサービス付きですが、マツダ3の価格帯でプラスアルファの安全性を確保できると思うと、とても安全装備が充実していると思います。

以上のように、マツダ3は、他メーカー同等レベルの安全性能を確保した上で、更なる付加価値を付与することで、安全性装備を充実してくれています。

スポンサードリンク

マツダ3の横滑り防止機能とは

マツダ3には、従来車種から採用されている、ダイナミックスタビリティコントロールシステム(DSC)とトラクションコントロールシステム(TCS)が採用されています。

DSC/TCS効果イメージ

引用:https://www.mazda.com/ja/innovation/technology/safety/active_safety/dsc_tcs/

DSC・TCSは呼称は異なるものの、各メーカーが採用している横滑り防止システムで、旋回時に前輪の横滑りが発生した際に、エンジン出力を下げ、内輪にブレーキ制御をすることで横滑りを防止する機能です。

また、マツダ3にはG-ベクタリング コントロール プラス(GVS Plus)という装備が装着されます。

横滑り防止機能と言っても、もはや軽トラックにもアンチロックブレーキシステム(ABS)は標準装備される装備ですが、旋回時のベクタリング方式には各メーカーで色々な方式があります。

トルクベクタリングとは、簡単に言うと旋回時に内側のタイヤよりも外側のタイヤに多くトルクを配分することでより曲がりやすくするというもので、スバルやホンダの一部車種は内輪のブレーキ制御により、内外輪のトルク制御を行っています。

マツダのGVS Plusはステアリング操作に応じて、エンジンのトルク制御、ブレーキ制御を始め、車両荷重を前後方向に移動させることで、走行安定性を図っています。

これにより、クルマのスムーズな旋回と応答性を向上させることで、横滑り防止の機能はもちろんのこと、ドライバーへの車両挙動の伝わりやすさと、同乗者への疲労負担の防止に寄与しています。

【進化したGVC PLUS登場】乗る人全てに快適な乗り心地を / MAZDA公式

ここでもマツダの人馬一体の考え方に基づく思想が根付いていることがわかりますね。

マツダ3の関連記事

マツダ3の外寸や外装パーツ、機械式駐車場は利用できる?⇒⇒

マツダ3の試乗評価や試乗レポートをご紹介!セダン、ファストバックで違う?⇒⇒

マツダ3のイメ-ジカラーは何色?基本色・色見本をご紹介!⇒⇒

マツダ3の値引き相場は?値引きの限度額はどれくらい?⇒⇒

マツダ3の内寸、内装色をご紹介!セダン、ファストバックの違いは?⇒⇒

マツダ3の不具合やリコール情報はあるのか?よくあるトラブルのお問い合わせは?⇒⇒

MAZDA3を値引き金額から
さらに50万円も安く
購入できる究極にお得な裏ワザを教えます!

車を購入するときにこんな悩みはありませんか?

「予算が足りない・・・」
「少しでも安く買いたいけど値引き交渉の方法が分からない」
「ディーラーを何件も回るのは面倒くさい・・・」
「新車を少しでもお得に手に入れたい・・・」
「グレードを下げるしかないか・・・」
「営業担当者に何度も売り込まれるのはイヤ・・・」
「オプションをつけたいがあきらめるしかない・・・」

車の購入は楽しみも大きいですが、
同時に予算の悩みも尽きないですよね。

家族や友達に相談しても結局お金を
出すのは自分ですからね。

そんな方に超おススメの裏ワザを
ご紹介します!

それは、下取りは必ず「クルマ買取オークションサイト」
を使うことなのです。

下取りに出すなら「クルマ買取オークションサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは35万円の下取りが、
買い取り業者では70万円になることも
多々あるのです。

クルマ買取オークションサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!

完全無料査定はこちらから↓↓↓


スポンサードリンク
 




タイトルとURLをコピーしました