マツダ3の燃費・実燃費はどれくらい?ガソリンとディーゼル違いはどれくらい?

新型

【完全無料査定】下取りに出すのは損!得したかったら「クルマ買取オークション」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは35万円の下取りが、
買い取り業者では70万円になることも
多々あるのです。

クルマ買取オークションサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!

完全無料の査定はこちらから↓↓↓


ここでは、MAZDA3の燃費について紹介したいと思います。

ガソリンとディーゼルではどのくらい燃費が違うのでしょうか。

スポンサードリンク

マツダ3の燃費はガソリンとディーゼルでどう違う?

https://www.webcg.net/articles/gallery/40912#image-3

同グレードの場合はセダン、ハッチバックともほぼ同じ燃費となっています。カタログ燃費を見ると、ディーゼルエンジンンモデルの市街地と高速道路の燃費の良さが目立ちますね。

あと、1.5リッターモデルのMTが思わぬ高燃費となっていて、MTの優秀さを表しています。

ディーゼルモデルでは燃料も軽油で燃料費も安く済み、他のグレードに比べて燃費もよく、ドライバビリティもガソリンと比べても素晴らしいので、とくに選ばない理由も見つからないですね。

高グレードにディーゼルエンジンを設定するのも頷けますね。

ガソリンエンジン燃費

https://www.webcg.net/articles/gallery/40912#image-4

15S

WLTCモード

レギュラーガソリン

6AT(2WD)16.6km/L

6MT(2WD)17.8km/L

6AT(4WD)15.8km/L

 

20S

WLTCモード

レギュラーガソリン

6AT(2WD)15.6km/L

SKYACTIV-G 1.5
[2WD(FF)・6EC-AT]
SKYACTIV-G 1.5
[2WD(FF)・6MT]
SKYACTIV-G 1.5
[4WD・6EC-AT]
SKYACTIV-G 2.0
[2WD(FF)・6EC-AT]
WLTCモード燃費※3 16.6km/L 17.8km/L 15.8km/L 15.6km/L
市街地モード(WLTC-L)※3 13.7km/L 14.1km/L 13.2km/L 12.1km/L
郊外モード(WLTC-M)※3 16.5km/L 18.0km/L 15.7km/L 15.8km/L
高速道路モード(WLTC-H)※3 18.4km/L 19.9km/L 17.4km/L 17.7km/L

ディーゼルエンジン燃費

https://www.webcg.net/articles/gallery/40617#image-4

XD

WLTCモード

軽油

6AT(2WD)19.8km/L

6AT(4WD)18.8km/L

SKYACTIV-D 1.8
[2WD(FF)・6EC-AT]
SKYACTIV-D 1.8
[4WD・6EC-AT]
WLTCモード燃費※3 19.8km/L 18.8km/L
市街地モード(WLTC-L)※3 16.4km/L 15.7km/L
郊外モード(WLTC-M)※3 19.7km/L 18.6km/L
高速道路モード(WLTC-H)※3 21.8km/L 20.7km/L

https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/driving/

スポンサードリンク

マツダ3の実燃費はどのくらい?

https://www.webcg.net/articles/gallery/39916

XDディーゼル:

街中を数十キロ走った際の実燃費は約17.5km/L

高速道路での100km/h巡航での実燃費は約21km/L

80km/h巡航にセットすると、何と32km/Lも可能のようです。

人間の燃費運転テクニックよりも機械の設定の方が優れているのでしょうか。

高速での安定感も抜群で、高速燃費も得意なディーゼルモデルは、やはり長距離移動に適したクルマと言えそうですね。

 

20Sガソリン:

実燃費約:14km/L

高速道路での100km/h巡航での実燃費は約17km/L

ディーゼルと比べるとやっぱりかなりの差がありますね。

しかし、こちらの方がエンジンの気持ちいい伸び上がりとなんの過不足もないパワー感とを感じられて、街乗り重視の人はこちらの方が気持ちよく走れると思います。

エコ運転を研究して、上手くなる程燃費も伸びると思うので、いろいろと工夫する楽しみもありそうですね。

運転が楽しいクルマなので、そんなエコ運転でも退屈しないクルマになっています。すばらしいです!

 

スポンサードリンク

どう運転すれば燃費向上につながるか?コツは?

https://www.webcg.net/articles/gallery/40950#image-1

MAZDAがオススメする、より楽しい走りに貢献する環境性能技術

アイドリングストップ機構「i-stop(アイ・ストップ)」

ブレーキを踏んで停車するとエンジンを自動的に休止。ブレーキから足を離すと、エンジン内に燃料を直接噴射して燃焼させ、エンジンを自動的に瞬間再始動。燃費向上に貢献するとともに、快適なドライビングをお届けします。

[標準装備:全車]

MT車の場合は、フットブレーキとクラッチを踏み、シフトをニュートラルに入れた後、クラッチから足を離すとアイドリングストップします。また、クラッチを踏むと再始動します。

アイドリングストップ機能は時には煩わしく感じる時もあるのですが、街中ではやはり燃費に貢献します。

しかし、燃費を意識した運転に比べたら、その効果は低いと思います。

無駄を抑える運転技術の向上に役立つ、 「i-DM(インテリジェント・ドライブ・マスター)」

アクセルの踏み込みすぎや、ステアリングの切り過ぎなど、運転操作の中には多くの無駄が潜んでいるものです。この無駄が少ないほど、走りがスムーズになって、ドライブを快適に楽しめて、しかも燃料消費を抑えることにも役立ちます。i-DMの「コーチング」と「ティーチング」の機能で、無駄を抑えたスムーズな運転のスキルが上がるほどに、ドライブがさらに楽しくなります。

[標準装備:全車]

 

https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/driving/cockpit/

 

発進の時に強くアクセルを踏み込むと一番燃費が悪化する(急加速)ので、このような補助機能を活用するのもいいと思います。

自転車でも発進の時が一番力を必要としますが、クルマも同じです。

発進時は肩の力を抜いて、アクセルに足を軽く添える程度でゆっくりとスムーズに発進して、流れに乗ってきたら、アクセルに足を軽く添える感覚で、アクセルを踏み込んで行くと、流れるようなスムーズな加速を体感できます(※上のMAZDA公式の写真でも、「余計な力が抜けていく」と書かれています)。

https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/driving/cockpit/

飛行機の離陸でも、自分ではどうすることもできない加速に身を任せるからこそ(リラックスするしかない)、加速度的に高まる速さを体感できるのだと思います。クルマも同じで、自分で操っているように思えても、加速などは機械に任せるしかありません。

その加速に身を任せることで、自然と次の加速へ移る瞬間を感じ取ったり(ギアが変わる瞬間)、路面の継ぎ目の段差を感じたりして、速さを実感します。

ようは、機械の動きと路面の感覚と風景の流れに意識を向けながら、丁寧にアクセル、ブレーキ、ハンドルを操作するだけでいいのです。すると、今までそれらを意識していなかった人は、今までとはまるで違う世界を体感できるはずです。

実際に発進の時に、制限速度内でアクセルもそれほど踏んでいないのに、後続車が遥か後ろにいることに気づくこともあるでしょう。もちろん、いつもそんな運転をする必要もないと思いますけどね。

MAZDAがMAZDA3で目指したのは、ロードスターのように人馬一体の走りができるクルマなのではないでしょうか。

 

https://www.mazda.co.jp/beadriver/dynamics/skyactivvd/gvc/

 

そのように気持ちよく走っているときは、交差点やカーブでも余計な力が入っていないので、自然とブレーキを踏む足も優しくなります。制動力の高いブレーキなので、強く踏む必要もありません。

ステアリング操作に対しても、MAZDAは誰にでも自然な感覚で曲がれるようにセッティングしてあると言うので、急ハンドルをしがちな人でも、慣れれば、ゆっくりとステアリングを切るのが、気持ちよい運転でかつ安全で速く曲がれると気づくはずです。

こういうシステムがあると、運転もうまくなりそうですし、システムに頼らなくても自分で工夫して運転することもできます。

MAZDA3に限らず、最近のエンジンは、低速域での力強さを意識した、トランスミッションのセッティング(もともとエンジンにもトルクがある)なので、キックダウンするほどにアクセルを踏み込む場面も少ないと思います。

それでは、スムーズな運転とは反対の運転になってしまいますし、燃費の良い運転にはなりません。焦る気持ちは分かりますが、一瞬の速さよりも、スムーズな運転を出発地から目的地まで繋いだ方が遥かに早く目的地に到着すると思います。

加速を思い切り楽しみたい人は、時と場所を選んで行えばいいでしょうw。

あくまでも、これは一つの意見でしかありませんが、このような運転を心がけていれば、燃費もよくかつ速く移動できると思っています。

クルマはドライブの楽しみもありますが、目的地に辿り着くという移動の目的も大切ですから、速さも燃費も大切な要素になってきます(制限速度を守りながら)。

 

https://www.webcg.net/articles/gallery/39916

マツダ3の関連記事

マツダ3のイメ-ジカラーは何色?基本色・色見本をご紹介!⇒⇒

マツダ3(アクセラ)の不具合やリコール情報はあるのか?よくあるトラブルのお問い合わせは?⇒⇒

マツダ3の口コミや評価、評判をご紹介!⇒⇒

マツダ3の納期や納車状況は?納期の最新情報を得る方法は?⇒⇒

マツダ3 VS カローラスポーツを比較!価格や燃費はどう違う?⇒⇒

MAZDA3を値引き金額から さらに50万円も安く 購入できる究極にお得な裏ワザを教えます!

車を購入するときにこんな悩みはありませんか?

「予算が足りない・・・」
「少しでも安く買いたいけど値引き交渉の方法が分からない」
「ディーラーを何件も回るのは面倒くさい・・・」
「新車を少しでもお得に手に入れたい・・・」
「グレードを下げるしかないか・・・」
「営業担当者に何度も売り込まれるのはイヤ・・・」
「オプションをつけたいがあきらめるしかない・・・」

車の購入は楽しみも大きいですが、
同時に予算の悩みも尽きないですよね。

家族や友達に相談しても結局お金を
出すのは自分ですからね。

そんな方に超おススメの裏ワザを
ご紹介します!

それは、下取りは必ず「クルマ買取オークションサイト」
を使うことなのです。

下取りに出すなら「クルマ買取オークションサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは35万円の下取りが、
買い取り業者では70万円になることも
多々あるのです。

クルマ買取オークションサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!

完全無料査定はこちらから↓↓↓


スポンサードリンク
 




タイトルとURLをコピーしました