マツダ3の内寸、内装色をご紹介!セダン、ファストバックの違いは?

新型

【完全無料査定】下取りに出すのは損!得したかったら「クルマ買取オークション」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは35万円の下取りが、
買い取り業者では70万円になることも
多々あるのです。

クルマ買取オークションサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!

完全無料の査定はこちらから↓↓↓


MAZDA3の内装サイズやインテリアについて、またセダンとファストバックの違いについても、紹介したいと思います。

スポンサードリンク

マツダ3の内寸情報

https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/interior/functionality/

ファストバック

室内寸法(長さ×幅×高さ)mm 1820mm×1490mm×1160mm

セダン

室内寸法(長さ×幅×高さ)mm 1820mm×1490mm×1160mm

室内寸法はファストバックとセダン同じですね。

サイズ的には、アメリカサイズのシビックなどと同等のサイズを持っているので、それだけでも日本人には十分だとわかるでしょう。

MAZDA3の室内の機能性は、電動の前後スライド、シート全体と前端高さ、背もたれ角し度、ランバーサポートの調整ができる運転席10Wayパワーシートを備えています(一部グレードはオプション扱い)。

シートポジション(ランバーサポートを除く)メモリー機能も備えています。

また助手席でも適切なポジションでドライブを快適に楽しめるよう、ラチェットレバー式シートリフターを標準装備しています。

さらに運転席&助手席シートヒーターが、寒い季節にもより快適な運転環境を提供します。

■運転席10Wayパワーシート&ドライビングポジションメモリー機能

(シート位置/アクティブ・ドライビング・ディスプレイ/ドアミラー角度)、運転席&助手席シートヒーター

[標準装備:PROACTIVE Touring Selection(20S、XD、X)、L Package(20S、XD、X)、Burgundy Selection(20S、XD、X)]

[メーカーセットオプション:PROACTIVE(20S、XD、X)]

■助手席ラチェットレバー式シートリフター

[標準装備:全車]

また、全車、リアシート6:4分割可倒式シートバックを備えています。

簡単な操作でシートバックが前に倒れ、荷室のフロアとの段差の少ないフラットな空間が広がります。

[標準装備:全車]

リアシート6:4分割可倒式シートバックhttps://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/interior/functionality

 

使いやすいラゲッジルーム&トランク

ラゲッジルーム(FASTBACK)

定員乗車時にも67Lのスーツケースを2個積み込める容量を確保しています。

ラゲッジルーム(FASTBACK)https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/interior/functionality

トランク(SEDAN)

67Lのスーツケースを3個、または9インチのゴルフバッグ2個を収納できます。

トランク(SEDAN)https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/interior/functionality

スポンサードリンク

マツダ3の内装色のバリエーションは?

パーフォレーションレザー・レッド Burgundy Selection (FASTBACK)

 

https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/interior/

操作しやすいコクピットまわりのレバーやスイッチ、そして実用的な収納スペースやラゲッジルームなど、使うほどに上質さや便利さを実感できる、高い機能性を追求しています。

 

https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/interior/

前席および後席左右のシート背もたれの前面、サイドサポート部内側、シート座面に本革を使用しています。まるで、アルファロメオを彷彿とさせる、レッドの本革内装は素敵ですね。

 

https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/interior/

レッドのパンチングレザーは高級感と華やかさを表現しています。もちろん、座り心地も抜群です。

これらのグレードで赤レザーの内装を選択できます。
ガソリン
20S Burgundy Selection2WD 6EC-AT
ディーゼル
XD Burgundy Selection2WD/4WD 6EC-AT
※この内装色はファストバック専用色となっています。

https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/interior/

前席および後席左右のシート背もたれの前面、サイドサポート部内側、シート座面に本革を使用しています。こちらのホワイトの内装は、イギリス車のような落ち着いた雰囲気をもっています。

※この内装色はセダン専用となっています。

https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/interior/

スポンサードリンク

セダン、ファストバックの内寸、内装色の違いは?

ファストバック

https://www.webcg.net/articles/gallery/41116#image-14

室内寸法(長さ×幅×高さ)mm 1820mm×1490mm×1160mm

ファストバックはセダンのパーフォレーションレザー
・ピュアホワイト以外の内装色全て選べます。ただし、グレードによって選べる種類は変わります。

レザーの内装が選べるのは、パーフォレーションレザー・レッド Burgundy Selection (FASTBACK)と、パーフォレーションレザー・ ブラック/チャコール L Package (SEDAN/FASTBACK)のみとなります。

パーフォレーションレザー・レッド 

セダン

https://www.webcg.net/articles/gallery/41420#image-9

 

室内寸法(長さ×幅×高さ)mm 1820mm×1490mm×1160mm

セダンはパーフォレーションレザー・レッド以外の内装色全てを選べます。

セダンでレザーが選べるのは、L Packageのみとなります。

パーフォレーションレザー・
ブラック/チャコール
L Package (SEDAN/FASTBACK)
クロス・ブラック
PROACTIVE Touring Selection (SEDAN/FASTBACK)
PROACTIVE (SEDAN/FASTBACK)
15S Touring,15S (FASTBACK)
https://www.webcg.net/articles/gallery/41420#image-11

数値的には、ハッチバックもセダンも室内寸法は全く同じです。

どちらにせよ、MAZDA3は前席と後席とも平均的な日本人が乗車する分には、問題のない室内スペースを備えていると言えます。

MAZDAは、ハッチバックとセダンの居住性にはほとんど差がないと言っています。確かに室内寸法も数値的に同じなので、それも頷けますね。

 

セダンのリアシート

ドア形状が異なっているためにファストバックに比べて乗り降りはしやすいです。

https://www.webcg.net/articles/gallery/41116#image-9

マツダ3の関連記事

マツダ3のイメ-ジカラーは何色?基本色・色見本をご紹介!⇒⇒

マツダ3(アクセラ)の不具合やリコール情報はあるのか?よくあるトラブルのお問い合わせは?⇒⇒

マツダ3の口コミや評価、評判をご紹介!⇒⇒

マツダ3の納期や納車状況は?納期の最新情報を得る方法は?⇒⇒

マツダ3の燃費・実燃費はどれくらい?ガソリンとディーゼル違いはどれくらい?⇒⇒

MAZDA3を値引き金額から さらに50万円も安く 購入できる究極にお得な裏ワザを教えます!

車を購入するときにこんな悩みはありませんか?

「予算が足りない・・・」
「少しでも安く買いたいけど値引き交渉の方法が分からない」
「ディーラーを何件も回るのは面倒くさい・・・」
「新車を少しでもお得に手に入れたい・・・」
「グレードを下げるしかないか・・・」
「営業担当者に何度も売り込まれるのはイヤ・・・」
「オプションをつけたいがあきらめるしかない・・・」

車の購入は楽しみも大きいですが、
同時に予算の悩みも尽きないですよね。

家族や友達に相談しても結局お金を
出すのは自分ですからね。

そんな方に超おススメの裏ワザを
ご紹介します!

それは、下取りは必ず「クルマ買取オークションサイト」
を使うことなのです。

下取りに出すなら「クルマ買取オークションサイト」を使うこと!

大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く
買取りしてもらいたいと思いませんか?

例えばディーラーでは35万円の下取りが、
買い取り業者では70万円になることも
多々あるのです。

クルマ買取オークションサイトを使うことで、
一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。

あなたの大切な愛車の買取価格を
全国の業者(最大5,000社)が入札!
本当の最高額がわかります。

車の価値はこの瞬間も下がり
続けているのです。
車の査定を後回しにするのは損ですよ!!

完全無料査定はこちらから↓↓↓


スポンサードリンク
 




タイトルとURLをコピーしました